現場データの自動処理

(現場のIoT化 STEP 3)

Case Study
サービス会社での事例
Case Study
サービス会社
での事例
現状の問題点 サービス会社はモニタリングシステムで多数の現場を監視している。
毎月現場のメンテナンス報告書を提出する。膨大なデータを目で見る必要があり、
異常を見落としたり作業ミスをする可能性もある。
解決法 データ連携を使って、既存モニタリングシステムからクラウドにデータを転送し、
クラウドで報告書を自動作成する。
結果 自動作成された報告書を見て、検出された異常個所のみ対応すればよく、
これまでのようなデータ処理のための高度な専門性が不要となった。
Before
膨大な量のデータを目で見て確認する ため、異常値を見つけるための専門知識 が必要。現場数の増加とともに専門知識 をもった担当者の残業増加につながってしまう。

報告書の作成を自動化すると...

After
自動処理で報告される異常に 対してのみ対応すればよい。 経験の浅い担当者でもでき、工数 削減にもなった。

無理なく始める IoT 3つのステップ


アルドネットによる「現場のIoT化」についてまとめたものを、
右側のサムネイルをクリックすると、PDFをダウンロードいただけます。