現場データの見える化

(現場のIoT化 STEP 1)

Case Study
食品工場での事例
Case Study
食品工場
での事例
現状の問題点 ある食品工場では、機械の掃除を開始する前に圧力を確認している。
圧力ゲージと掃除開始ボタンが離れているため、
掃除作業者は電話で同僚に圧力の状態確認を頼む
2 人に無駄な時間がかかってしまう。
解決法 圧力ゲージをIoT化する
結果 電話確認の必要はなく、掃除担当者はスマホで圧力を確認できるようになり
1 人で掃除作業を開始できるようになった。
Before
圧力の状態を電話で確認するため、 作業に 2 人が必要な状態。

圧力ゲージを IoT 化し、見える化すると...

After
掃除作業者がスマホを使い圧力の状態を リアルタイムに確認できるので、電話で 確認せずに 1 人で作業を開始できるよう になった。
圧力の計測値をセンサーが自動で送信。掃除担当者はスマホで確認できる。
圧力の計測値をセンサーが自動で送信。掃除担当者はスマホで確認できる。

無理なく始める IoT 3つのステップ


アルドネットによる「現場のIoT化」についてまとめたものを、
右側のサムネイルをクリックすると、PDFをダウンロードいただけます。