現場データ収集の自動化

(現場のIoT化 STEP 2)

Case Study
機械メーカーでの事例
Case Study
機械メーカー
での事例
現状の問題点 機械メーカーはお客様から機械の状態を確認してもらい、データをファックスや
メール、電話で送ってもらっている。お客様と機械メーカー共に手間がかかり、
データの入力時にエラーが発生する可能性がある。
解決法 機械に IoT 計測器を追加し、機械の状態をネット上でデータベース(DB)に発信し、
DB にたまったデータを PC ツールで Excel 化する
結果 データ収集の自動化によりお客様と機械メーカー双方の、機械の状態確認と
データ入力の時間を削減することができた。
当然ながらデータ入力のミスがゼロになった。
Before
FAX やメール、電話などで連絡 すると、お客様、メーカー共に 確認の手間がかり、入力時の ミスも発生しやすい。

データ収集を自動化すると...

After
センサが機械の状態を確認し、 自動でデータベースに送る。 収集されたデータはパソコン、 タブレット、スマホなど様々な デバイスで見ることができる。 確認にかかる時間を削減できた。

無理なく始める IoT 3つのステップ


アルドネットによる「現場のIoT化」についてまとめたものを、
右側のサムネイルをクリックすると、PDFをダウンロードいただけます。