IoT対応新商品開発

これまで販売してきた既存の商品を、規格変更することなく、モバイル対応のIoT商品にすることができます。

仮に、事業者さまのクラウドシステムを外注に開発依頼すると、大きなコストと時間がかかります。 さらに、外注のために新しいシステムの要求仕様詳細を事前に確定する必要があります。 しかし、全く新しいサービスなので事前に詳細仕様を確定することは非常に困難です。 となると、ステップ・バイ・ステップのアプローチが必要になります。

そこで、「Alldonet IoT for 商品開発」で提供を行っています。 アルドネットが独自開発したAMONIoTクラウドプラットフォームには、汎用性の高い標準機能が搭載されています。 (データ収集、障害検知、警報通知、データ集計、データ分析、データ表示標準等) 新商品開発までに必要な作業は、オリジナル機能の実装とシステム結合です。 当社のエンジニアチームのサポートにより、数週間でプロトタイプの作成、数ヶ月で商品の完成が実現します。

「Alldonet IoT for 商品開発」の導入事例はこちら:既存商品にIoT機能を追加。こちらの導入事例はIMV株式会社のビルデータモニタリングシステムに相当します。

トップページへ。

HM-0013 (c) IMV CORPORATION

無線設備

波形 & fft

震度

変位軌跡

最大層間変形角分布

施設の地図

遠隔設定画面